岡山県を中心に安い、おいしいなど評判のお店を探しに食べ歩く日記♪ ラーメンの記事が多いです。 1人じゃ入りにくいお店とかも突撃しちゃいます! 当ブログはリンクフリーですご自由にどうぞ
「魚稚」うおわか 兵庫県相生市
2016-07-01 Fri 20:31
魚稚
鮮魚とれとれ市場「魚稚」うおわか ※お店の写真は過去の時のです。

冬の味覚牡蠣のシーズンには観光客で賑わい混雑していたので、牡蠣のシーズンも終わり空いているだろうと訪れました。

前回は目的のアナゴ天丼が販売中止で食べれなかったので、今日は販売していればいいのだが…?










魚稚
焼きアナゴ丼は販売中止でしたが、あなご天丼は販売されていました

券売機で食券を購入し、受け渡し窓口で食券を渡せば、出来上がれば番号で呼ばれます。










魚稚
セルフなので、自分で紙コップにお茶を注ぎ出来上がりを席で待っていました。

オーダーを受けてからアナゴを揚げているのでしょう。 食券を渡してから、呼ばれるまでの時間は約15分と早くはありませんが、揚げたてが食べられるに越した喜びはないので、必要な調理の時間を普通に待っただけで遅いと不満には思わない。意味ある待ち時間は全然苦痛には感じない。










魚稚
あなご天丼 980円(消費税8%時、税込み価格です)

丼に収まりきらないアナゴが1匹丸々とドン!ドン!ドン!!と器からはみだしてダイナミックに盛り付けられた姿はまさにど迫力










魚稚
お味噌汁にはあさりもたっぷり入っていました。










魚稚
アナゴの大きさは割り箸の長さよりも長く、アナゴ天丼としては申し分ないアナゴのボリュームだ










魚稚
どこから食べ進めればいいのだ?と思いましたが、ご飯から食べようと考え、丼一面を覆っているアナゴ1匹をずらしてご飯をⅠ口食べる。

アナゴとご飯にかかってるのは、天つゆと言うよりは、タレだな! これは好みで好き嫌いが分かれそう。










魚稚
アナゴはホクホクで箸で容易に切り分ける事が出来る程に柔らかく美味しい

美味しくて満足なのだが、ご飯に乗っている物はそう、あなごの天婦羅のみと終始味の変化はない。

2匹目を食べ終えた頃から、食べるペースが遅くなりました…。

プロの雑誌や新聞社の執筆者ならば、使わない表現の1つですが、そう感じたからには素直に表現したい。

もう当分アナゴは欲しくない

説明するまでもないが、これは決して不満を述べているのではなく、最上級の褒め言葉である

食べたくてオーダーした品を、存分に堪能し、もう当分欲しくない!とまで感じさせるボリュームは称賛に値する。

繰り返し言いますが、もうアナゴは当分欲しくない!そんな思いをこの丼を食べて感じてみては?

過去の記事:「魚稚」海鮮丼の記事


住所:兵庫県相生市相生6丁目
営業時間 10:30~15:30
定休日 水曜日
TEL:0791-23-1501
別窓 | 食堂 | コメント:0 | トラックバック:0
    当ブログを応援してください。クリックしてネ♪゛(*・・)σ【】プチッ♪
<<パン 「こっくんおかんの店」 岡山県和気郡和気町 | ☆気ままに食べ歩き隊☆ | 旨処 「松ちゃんラーメン」 岡山県津山市小原>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ☆気ままに食べ歩き隊☆ |